さくらのレンタルサーバーであれこれやってます。

Googleがインデックス削除

検索結果順位の推移の記事でSEO対策の個人的推察を書いてましたが、CNET Japanで面白い記事を見つけました。

Googleは何でもいいから、出来たホームページをロボットのクローラーが収得していた仕組みから、「選ばれたホームページだけ」を収得するようになり始めた現象...

ま、これはこの記事を書いた方の推察のようですが。ちゃんとしたホームページじゃないと駄目になりつつある時代なんでしょうかね?実際「Google」で数サイトのバックリンクを検索ましたが相当削除されてますね。

でもこれで思うのがキーワードやタイトル含め「何かで引っ掛ける」っと言う考え方が変わっていく事でしょう。実際ネット環境っておかしな常識がまかり通りすぎてますしね。まさに「キーワードマッチング(サイト名)」が重要視される気がします。

例えば私は「kazuking」っと言うキーワードを最重要視しています。「kazuking(search,ranking,blog,sns...」って言う感じでサイトを分けドメインも使い分けています。これって大手が端から行っていた事です。ここで次のリンク方法を考えてみます。

上記はどれも「kazuking search」へのリンクです。勿論一番良いのは①だと思います。ここでクオリティーを追求し始めているGoogleがどういうサイトを「良いサイト」と評価するかです。PageRankを決定していく上でも大事な事だと思います。

この辺の秘密は「Google ニュース」にあるんじゃないかと思ってます。Google ニュースの仕組みを理解すれば良いSEO対策に繋がるんだと思ってます。

個人的な見解ですけどね(笑)

Trackbacks


Post a comment





Sponsored Link

Link

Web Tool

Banner Link

ホームページ作成 ランキング

SEO Stats

デル株式会社 

Right Relation