Yomi-Search 日記

This category is - Yomi-Search 日記 -

kazuking seach」のコンテンツをいくつか修正致しました。修正箇所は下記です。

  • 新規登録フォームの前にクッションページを作成
  • 管理者権限のみだった修正ページをユーザに一部開放
  • 登録・修正に関するフォームデザインを全体的に統一させ修正
  • タグ・カテゴリ検索の並べ替え機能をラジオボタンにしてJavaScriptで開閉

と目に見えてる部分は上記位ですかね?細かい部分は暇さえあればちょこちょこ修正してるので省きます。他にもクオリティーをあげた詳細ページとか作ってるんですが、Ajaxのをどこまで取り入れようか悩んでいるのでまだお披露目は出来ません(悲)

と言うよりJavaScriptを使うときはどうしても<noscript>~</noscript>時の事を考えてしまいます。JavaScriptを切ってる人は少ないと言っても、私としてはそれを無視すると言う事は出来ない性格なんですよね。

他にもPageRankとか「PageRank.pm」とやらで取得表示させることは出来たんですが、どうも在り来たりで何とも言えないんでそれも伏せときます。っと言うより他で色々したいことを学ぶために磨きをかけてるつもりのスキルを、どうkazuking searchに取り入れていこうかを日々悩んでおります。ちなみに最近やってる作業が、

  • Movable Type 4 の理解(せっかく3.3*系覚えてきたのに・・・)
  • TelnetでUNIXコマンドを勉強(viとか)
  • さくらのレンタルサーバーにPHP5をインストールしてみた
  • さくらのレンタルサーバーにCPANをインストールしてみた
  • APIであれこれ使うためXML&Perl&PHPを勉強中(難)

っとま~あれこれやってます。Movable Type 4をPHP化して私が一番使いやすいように、設定をし終えたいのですが、何分3.3*系とは全く違ってしまってる状態なので本当に困ってます。1月から始めやっと覚えてきたのにたまらんです。兎にも角にも日々成長しているかなとは思っているので、今後の自分自身を楽しみにしている次第です。

今後のkazuking searchの方向性としては、あまりIT丸出しにならないようにしたいと考えています。SEO対策を考えてないユーザが登録したくなるようなサイトに出来れば何か楽しそうですしね♪ま、それにはもっとコンテンツが必要なわけで難しい面はあるわけですが。。

ま、頑張ります!

今後ともkauzking searchの微々たる変化を楽しみにして下さい(情)

前回の記事」に書いたようにkent-webさんの「Perl基礎入門」を見ながら改造してたんですが、もっと分かりやすいサイトを見つけました。「ミスティーネット」さんです。

で、やっとPerlのライブラリと言う考え方が私の脳みそにも入ってきました。今まで「kazuking search」のログURLを表示する際に$Slog[2]をそのまま使ってたんですが、正規表現とやらを学ぶ機会があり見よう見まねで「http:// & https://」の部分を削除するのを自分で書いたんです。

  1. $log_url = $Slog[2];
  2. $log_url =~ s/(http|https):\/\///g;
  3. print"<li>$log_url</li>";

こんな感じのを全てのテンプレートにわざわざ埋め込んでたんです。ちなみにkazuking searchは少しテンプレートの量が多くて大変だったんですが、今回ライブラリと言う発想が頭に加えられました。これにより別途cgiファイル(pl/original.cgi)を作成し、

  1. #URLから(http:// & https://)を削除
  2. sub log_url {
  3. $log_url = $Slog[2];
  4. $log_url =~ s/(http|https):\/\///g;
  5. print"<li>$log_url</li>";
  6. }

を作っておき正しいかどうか不明ですが、「temp.cgi」で「require "pl/original.cgi";」と呼び出して、必要な場所で「&log_url」と記載するだけでよくなりました。kt.htmlとかだと、

  1. <!--HTML-->
  2. #<!--(↓修正不可↓)
  3. &log_url;
  4. #    (↑修正不可↑)-->
  5. print<<"<!--HTML-->";

上記のような感じで呼び出せばOKですね。この知識のお陰で色々出来ることが増え私は満足です。本当に便利ですね。結局自作のは全部「pl/original.cgi」に詰め込んでいけば良いのでかなり楽チンです。言語って本当によく出来てるんですね(汗)

ま、こんなの出来たから何だって話でしょうけど、営業人生な私には新たな発見が楽しくてたまらない今日この頃でした。

デフォルトのYomi-Searchでは表示される事のない$Slog[15](キーワード)ですが、せっかく入力してもらっているのに「サイト内検索」でしか利用されないのは勿体無いので「タグ(tag)」として利用してみました。

kazuking search新着」他、全てのログ表示部分で適応する事にしました。でもって次はこれ「クラウド化」して「タグクラウド(tagcloud)」を作成したいと考えております。

が、スキル不足で挫折中です(笑)

なにぶんPerlは不慣れなのでkent-webさんの「Perl基礎入門」を見ながら改造してる状態です。自分用に改造しようとなると「掲示板」や「Yomi-Search FAN」をいくら眺めていても解決策は出てこないもんで・・・。

今回のタグ表示はPerlの知識がないと出来ないものだったので大変でした。関数とか知ってれば何でも無い事なんですが、関数どころか変数に「-」が使えない事すら知らない状態(悲)だったのでそれはもー大変でした。ちなみに改造ポイントは、

  • $Slog[15]の内容の有無をチェック
  • 区切りスペースが半角でも全角でも一応分離
  • 分離したものをエンコードしリンクをさせてみる
  • 今後を考え別途「tagcloud.cgi」で検索する事に
  • あと細かく何かしてみた(謎)

ま、外部リンク数が大幅に超えるわけでもないのでSEO的にも問題ないでしょう。トータルで100超える事はないと思われます(多分・・・)。それよりも関連キーワードがページ毎に増えるのでより良い状態になるのではないかと考えています。ま、その辺は今後のアクセス状態で考えます。

今後ともkazuking seachの小さな改造にご期待(?)下さい(汗)

kazuking searchではGoogle Analyticsをアクセス解析として利用させて貰っています。JavaScriptでの取得ですがかなり細かく取得してくれるので重宝しております。

で、いつも気にしているのがコンバージョン率です。Yomi-Searchの場合スパム登録も多いですし、代行業者の登録傾向とかも分かってきますし中々ためになります。ま、高が知れてる申請数なんですけどね(苦笑)

ちなみににkazuking searchは登録フォームにダイレクトで飛んできたり、不正な方法を使わない限り、カテゴリページから登録フォームに入る形になります。これは検索を利用しても同じ事です。そして下記のようなルートを辿る形になります。

新規登録フォーム

プレビュー画面

認証メール送信画面

送付メールURLクリック

仮登録完了画面

と、上記のような順序を進まないと管理画面に情報は届きません。機械的なスパム登録の場合はメールアドレス自体が適当な場合があるので、認証メールに記載されたURLをクリックする事はありません。又、プレビュー画面で離脱するサイトも結構多いです。その上で先月一ヶ月の数字が下記グラフです。

コンバージョン率

一ヶ月平均9.79%

上記は登録フォーム到達後からのもの(一般閲覧者は除外)ですが、結果として登録申請数に対して10%しか管理画面に到達していないわけです。逆に言えば残る90%はスパム業者や適当に登録してるユーザ。或いは登録が面倒になって挫折など、様々な理由で離脱している事になります。

さらにこの9.79%と言うサイトの中で私が独断で審査をし登録しているわけです。ちなみに感覚ですが管理画面に表示されるサイトの中で登録している率は10%~20%程度だと思います。そうなると極端な話、総登録申請数に対して1%程度しか登録してない事になります。

登録率1%とか低すぎますよね(汗)

スパム登録や他様々な理由で登録し辛いサイトにしてるわけなので、低くて当たり前なわけですがコンバージョン率をせめて50%迄上げる。これが私の当面の目標としています。これには様々な条件が必要になってくるわけですが(汗)

この登録率が良いか悪いかは別として皆さんもコンバージョン率!調べてみると面白いですよ。ちょっとした事が成果に繋がったり色々と分かってきます。設定も様々出来ますしパターンも色々と組めますのでお試しあれ。

昨日の記事アップ後、文字コードの設定部分をコメントアウトして、インストールする事に成功しました。心うきうきしながらYomi-Search (PHP)modifiedをインストール!率直な感想は、

移管するのは厳しい・・・(涙)

全く新しい別サイトを立ち上げると考えるんであれば問題ないどころかとっつき易いかも知れませんが、どうしても元のYomi-Search(CGI)と比較してしまうのがいけないのかも知れません。M'sPHP!!さんの方で今後どんどん手が加えられていくと考えれば初心者にはお勧めたっぷりです!目に付いた違いは、

  • データベースが必須(個人的には問題なし)
  • テンプレート改造はローカル上のみ(個人的にはこっちのが良い)
  • HTMLで吐き出せない?(動的のみ?機能がなかったです)
  • カテゴリは01/02/<>カテゴリ名で増やします(エラーでまくりました)
  • 思ったよりカテゴリの読み込みに時間がかかりました

ま、PHPの特性やデータベースを使う部分で違いがあって当たり前なんだと思います。カテゴリに関しては試しに1500程増やして読み込ませてみましたがCGI版のが処理は早かったと思います。表現難しいですがPHP独特の動きです(謎)

あとHTMLで吐き出す機能がないのが人によっては・・・。って感じになるかもです。最近検索エンジンのクローラーは動的をガンガン読み込むんで良いですが、登録数やカテゴリが増えた際にどうなのでしょう?先々が心配になります。(あんのかな~?)

でもってカテゴリです。私はTeraPadを使ってるので、「置換機能」で作ってたカテゴリを「_ → /」「<> → /<>」ってな具合で一気に変換してYomi-Search (PHP)modifiedの条件にあわせたんですがエラーでまくり。

何か末尾がアルファベットのカテゴリが一部あるんですが、それが読み込みエラーになりました。後カテゴリによって例えば「01/01/02<>」って感じで元々あった「01/01/01」を削除しちゃってる部分があるんですが、それだとエラーになっちゃいました。順番が狂うんですかね?修正すれば良いんですが引っかかりまくりました。

てなわけで上記の点以外にも色々な事含めkazuking searchの移管は断念です。個人的な感想ですが全く違うスクリプトとして考えた方がとっつき易いかも知れません。XOOPS版はどちらかと言うと原型をまんまって感じだっんで、そっちのイメージが頭にこびりつきすぎていたのかもです。

今後の動向に期待です!

 1  |  2  | All pages

Sponsored Link

Category

awasete.com

あわせて読みたい

Link

Web Tool

Banner Link

ホームページ作成 ランキング

SEO Stats

デル株式会社 

Right Relation