Google 日記

This category is - Google日記 -

以前から個人的にSEO検証をしている「kazuking web」ですが、この1ヶ月何も更新していないのですが、Googleからの来訪者が倍以上に増えました。ちなみに前回お伝えした「3ヶ月間の検証結果」と比べます(枠の問題で初月は除きます)。

 2ヶ月目3ヶ月目4ヶ月目
1位 サイト内(131) サイト内(164) サイト内(258)
2位 Yahoo(63) Google(88) Google(227)
3位 Google(61) Yahoo(84) Yahoo(90)
4位 kazuking s(39) kazuking s(51) kazuking s(85)
5位 kazuking b(12) kazuking b(11) LiveSearch(9)

特に被リンクが増えたわけでもないので考えられる原因は様々です。インデックスされたページが増えたとかもちょっと考えにくいです。私が考えている可能性はいくつかありますがこれほど数字が変わると・・・。

  • Googleアルゴリズムが変わってそれに当てはまった
  • たまたまkazuking webのコンテンツが当てはまった
  • この1ヶ月で急激にGoogle利用者人口が増えた

ま、偶然は必然だったり(?)もあるのでアクセスが増えてる分にはよろしい事です。個人的にはアルゴリズムが変わったとかだと面白いんですけどね。kazuking webだけは明らかに自分が運営するサイトと違うところがあるんで・・・。

比較要素が多いんですよね(笑)

とは言えSEOなんて人それぞれ考え方がありますし、検証がどうと言ってもそれに100%保障出来るわけじゃないんであまり立ち入りたくはない業界ですが。ドメインが古きゃ強い!でもま~ありとは思いますし。金払ったら上位表示!とかも面白いのに(笑)

さて、話しは変わりますが「kazuking search」の詳細ページを作成しました。各ログを表示してるページから日付横の画像をクリックして貰えれば閲覧できます。元々の「修正・削除」のページとの間に設置しました。

今はまだ登録時に入力して貰った内容をただ羅列してるだけですが、「モバイルURL」を入力して頂いたサイトの場合「QRコード」を表示するようにしてみました。後は良くありがちな「PageRank」とか「ソーシャルブックマーク」とか。スキルが上がれば色々増やしていこうと思います。ただ若干問題があって。

  1. 直接リンク先に飛ぶとJavaScriptを読み込まないので表示が変になります
  2. いくつかのログ追加以前の登録サイトは場合によって表示が変になります

(1)はJavaScriptがOFFだからじゃなく構造上の問題です。(2)は「相互リンク」「モバイル」のURLを後々追加したので、追加以前のログはログが空なのではなくログ自体が存在しない登録サイトになるので不具合が起きてます。ま、手作業でログを一つ一つ直してますが中々捗っていません(汗)

そんなこんなもあり一時ユーザの「修正・削除」は停止してます。これも違った形にしようと考えています。やはり「修正・削除」の権限を開放してると私の運営理念とずれてくる部分があるので、新たにフォーム形式で作れたらなと。

さて。今日は花の金曜日です(話し変わりすぎ)。飲んだり食ったり皆さん大変でしょうが私も都内を巡りたいと思います。でわでわ

Googleアカウントをもってる方でサイト運営されている方はGoogle ウェブマスター ツールを利用されている方は多いかと思います。どれだけ活用出来てるかは人それぞれでしょうけど中々便利だと思います。

アクセス解析を分析してサイト構成したり、コンテンツの作り方を変えたりって大変です。その中で私の個人的な考えですがGooglebotのクロール頻度って何気に重要だと考えてます。理由は、

サイトの更新頻度は検索結果に関わってる(気がする)

からです。気がするだけですけど。っと言うのも基本的にブログってインデックスページが更新の度に変わる作りをされているケースが殆どでしょう。っと言うかレンタルブログなんかほぼそうです。挙句の果てにコメントやトラックバックがくる度に中身が変わるわけです。

ところが一般のホームページだと中身をコロコロ更新させるのって大変です。特に静的に作ってるページなんか尚更です。クローラーがどこまで分析してるか分からないですけど1回目と2回目・・・。毎回サイトの情報が同じだったら更新されてないサイトって評価するのではないでしょうか?

Google Sitemap

これを見て思うのが更新頻度って変えられます。ちなみに頻度を高く設定出来るサイトと出来ないサイトがあるようです。アクセス数とかですかね?設定出来るようになると気分的には悪くはありません。

んで何だって言うとレンタルブログサービス(ameba、fc2、livedoor、seesaa・・・etc)等でブログを作ってると本当に簡単にアクセスって集まるんですよね?ドメイン上の問題かも知れませんが、ユニークで数百なんてすぐです。

検索エンジン上位表示も本当に簡単です。

Movable Typeで運営したって同じです。アクセスが簡単に集まります。利用者人口とか理由はたくさんありますけど。ようするに更新頻度が多ければ多いほど無差別にPINGは放出されますし、コメントやトラックバックで動きは起こるし、他人のブログにコメントやトラックバックを残す(被リンク)だって自然に行えます。

ソーシャルブックマークを利用するのも手です。Movable Typeなんかだと新規投稿する度に自分の記事を自動的にブックマークさせてる人も居たりします。とにかくブログの環境って自然にSEO対策をしやすい環境が調いがちなんですよね。

  • ブログパーツの種類の多さ
  • ブログ同士を繋げるサービスの多さ
  • 利用者人口(活発なユーザ)の多さ

この点等から日々動きのあるサイト(ブログ)が簡単に作成出来てしまいます。そんなのを一般のウェブサイトでやろうなんて実際難しいです。頻繁にインデックスページを大幅に更新って言うのがまず難しいですよね。

と言ってコロコロ視覚的に変わるように「見せかける」<iframe><javascript>・・・etc。あれがサイトを更新してるとは思えません。そう考えるとトップページにブログとか掲示板を埋め込んだり、動的ページにするべきだと思うんです。

どう思いますかね?(笑)

そんなわけで結論として更新頻度が高いサイトはGooglebotのクロール頻度を高くするべきでしょう。でもってそうでもないサイトは低くても良いんじゃないですかね?一番良いのはブログの記事をRSSで受信させてCGIやPHPで吐くとか。

ま、寝る前の戯言でした。

検索結果順位の推移の記事でSEO対策の個人的推察を書いてましたが、CNET Japanで面白い記事を見つけました。

Googleは何でもいいから、出来たホームページをロボットのクローラーが収得していた仕組みから、「選ばれたホームページだけ」を収得するようになり始めた現象...

ま、これはこの記事を書いた方の推察のようですが。ちゃんとしたホームページじゃないと駄目になりつつある時代なんでしょうかね?実際「Google」で数サイトのバックリンクを検索ましたが相当削除されてますね。

でもこれで思うのがキーワードやタイトル含め「何かで引っ掛ける」っと言う考え方が変わっていく事でしょう。実際ネット環境っておかしな常識がまかり通りすぎてますしね。まさに「キーワードマッチング(サイト名)」が重要視される気がします。

例えば私は「kazuking」っと言うキーワードを最重要視しています。「kazuking(search,ranking,blog,sns...」って言う感じでサイトを分けドメインも使い分けています。これって大手が端から行っていた事です。ここで次のリンク方法を考えてみます。

上記はどれも「kazuking search」へのリンクです。勿論一番良いのは①だと思います。ここでクオリティーを追求し始めているGoogleがどういうサイトを「良いサイト」と評価するかです。PageRankを決定していく上でも大事な事だと思います。

この辺の秘密は「Google ニュース」にあるんじゃないかと思ってます。Google ニュースの仕組みを理解すれば良いSEO対策に繋がるんだと思ってます。

個人的な見解ですけどね(笑)

Sponsored Link

Link

Web Tool

Banner Link

ホームページ作成 ランキング

SEO Stats

デル株式会社 

Right Relation